安東歯科医院(福岡安東CT・審美・インプラントセンター)福岡市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市の審美・インプラント専門医院 コンテンツ:審美歯科

HOME 審美歯科

審美歯科

++審美歯科とは?++
顔貌の美醜に注目した最近の治療は『審美歯科』とよばれています。 歯の形や色をよくしたり、特に美しさに配慮した歯科治療のことです。これは、1990年代にロスアンゼルスの歯科医達からおこり、世界的なブームになっていきました。『審美』という耳慣れない言葉は『エステテックス』の翻訳で、『美容(コスメテックス)』と一線を画しておこうという意図で使われているようです。

具体的には歯茎の黒ずみをとったり(メラニン除去)、歯を削らずに漂白して白くする(ブリーチング)といった簡単な処置から、ラミネートベニヤ、セラミッククラウン、といった被せ物、ひいては全体的な噛み合わせを治療して、失ったきれいな笑顔を取り戻す治療迄、と様々です。審美歯科治療は何も特別な治療ではなく、歯科治療でもワンランク上の質の高い治療の一つだといえます。それは、美醜の感覚はとても文化的な感覚で、美醜の基準は、患者さんの気持ちや生活背景にあるものだからです。私達はそのような要素を患者さんと一緒に考えながら、患者さん個人にあった美しさを引き出す治療を心掛けています。

A.セラミッククラウンによる治療

審美歯科 症例 1

審美歯科 症例

右上前から2番目の歯の変色が気になって来院されました。セラミッククラウンにより治療を行いました。 他の歯と違和感なく自然な感じな仕上がりで、患者さんも満足です。

審美歯科 症例 2

審美歯科 症例

右上2本の前歯の大きな虫歯が気になり来院されました。左側2本にはすでにセラミッククラウンによる治療がされていました。左側のセラミックと同じ色合いになるように調整してセラミッククラウンで治療しました。

審美歯科 症例 3

審美歯科 症例

前歯6本の虫歯と歯の色が黄色いことを気にされて来院された70歳の女性です。 セラミックにより術前より白くて綺麗な歯の形を作る事で患者さんも満足している様です。

審美歯科 症例 4

審美歯科 症例

以前治療した保険の前歯の再治療を希望して来院されました。 検査の結果、噛み合わせ、歯周病など他のところにも悪いところがあり最終的にはお口の中全体を治療しました。
見た目も自然で綺麗になって大変喜ばれました。 セラミックは体に優しい材質であり天然の歯に近い自然感のある色調を作る事ができます。 前歯でだけでなくもちろん奥歯にも使用する事ができます。 しかし、ただ歯の型をとったら、この様な綺麗で自然感のあるものができるわけではありません。 歯茎の処置を含めた綿密な治療計画と繊細なドクターの治療技術が必要な事はいうまでもありません。

歯周病やホワイトニングなどその他歯科治療に関しては安東歯科医院(大野城市・太宰府市・筑紫野市・春日市)歯周病やホワイトニングなどその他歯科治療に関してはコチラ

福岡市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市の歯科医院「安東歯科」 監修医院サイトはこちら

安東歯科医院(福岡安東CT・審美・インプラントセンター)は福岡市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市の審美・インプラント専門医院ウェブサイトコンテンツメニュー

安東歯科医院CT・審美・インプラントセンター

〒816-0932
福岡県大野城市瓦田
1-16-12
TEL・FAX:092-574-3555

歯科治療に安心の分割払い!スルガ銀行のデンタルローン

福岡のインプラント・審美は、最新CT導入の 安東CT・審美・インプラントセンター(安東歯科医院)

インプラント治療・審美治療(福岡市・太宰府市・筑紫野市・大野城市・春日市)

Copyright (C) 安東CT・審美・インプラントセンター(福岡県大野城市). All Rights Reserved.